足首の柔軟性はスイムにもランニングにも重要事項です!

泳がなくても速くなる!スイミングセミナー第5回!
今回は泳げる人とまだそんなに泳げない方2:2のご参加でした。

柔軟性と陸の動きから予測して・・・水中動作がほぼ的中。
なにはともあれ足首が硬いとキックは遅い。。。
キックが遅いと身体が沈み、腕パワーをかなり使った泳ぎになりやすいです。

スイスイ泳げる基準として板キック60秒切りを目安にしていますが、今回クリアされたのは2名。
このお2人はセミナー中に泳ぎが上達されてました♪
あとのお2人はセミナー後から足首ストレッチをよくされていることと思います!どうかな?

足首の柔軟性アップはランニングでの怪我減少にも繋がります。
相乗効果がでるように、板キック60秒切り目指しましょう♪

一番身近な運動・・・歩き方走り方って奥が深い!

土曜はセミナー2本立て!
午前中はGRADFIVERUNNING TECNIQUE LESSON
OWS TECNIQUE LESSONに続き、ランニングバージョンです♪
青山一丁目にあるCafe Crewにて開催。
大学の先輩のお店でランチ付きイベントにしました!
走ったら・・・お腹空きますもんね。

ランニング・・・子供の時は自然に走れていたはずなのに、
大人になると、あれれれ?って方多いと思います。

なぜそうなってしまうのか?どうしたら改善できるのか??
そういったことを柔軟性や筋力、様々なドリルからアドバイスさせていただきました。

参加者のみなさん、苦戦していましたね~
でもこれができればカナリ脚が楽になりますよ♪

ランチを食べて、実技部分の映像をチェック!
こうやって客観的に見ることが大切です。

image

また定期的に開催していく予定です!

私はコーチングの師匠、青山剛コーチにランニングを学んでいます。
走れちゃうからこそ走り方ってなかなか学ぼうとしないのですが、
走り方を理解して正しく走れれば、泳ぐのも、なんのスポーツでも基本は一緒です。
楽しく♪ 速く走るためにも!ケガをしないためにも、ぜひ皆さんにも知ってもらいたいです。

昨日は浦安にて青山コーチの走らないランニングセミナーのサポートでしたが、
走るのって奥が深いなと毎回感じると共に、毎回参加者の方の動きを見て勉強になっています。

腕振りはなんのためにするのか、脚はどうやって動くのか、
どこの部分を使えると身体が前に進むのか。
頭で理解するとより走りが良くなります。

なぜそうなってしまうのか?
それを知り改善していくことが、怪我なく正しく走るために必要な作業です。
ランニングは距離を積めば良いってものではありませんよ!

セミナーにご興味がある方はコチラ↓↓↓をご覧ください♪
●千駄ヶ谷  http://www.team-aoyama.com/
●浦安(舞浜) http://goo.gl/nWssWg